録れコン

【録れコン】ファイナリストまで残った作品を分析その5【ブルースハープのピンチ】

今回は録れコンで用いたちょっとした工夫について書いていきます。

  1. 演奏と録音(MIX)のクオリティー 70~80点
  2. ちょっとした工夫 10点

100点(完璧)を目指さなくて良いので

自己採点の合計は80~90点 を目指しましょう。※実際コンテストで点数は出ません

今回は2.ちょっとした工夫のカテゴリーを分析していきます。

僕がエントリーしてファイナリストまで残った作品がこちらです(ワンコーラスだけですが)

あとでYouTubeアップします。。

  1. Reverb(リバーブ)の変化
  2. 半音ずらしのブルースハープ

録れコンで良い成績を残すためには、基本的な演奏やミックスの技術はある程度必要になってきます。

しかし、それだけだといわゆる普通の作品になります。

アイコン名を入力

おっ、ちょっと良いな

と思わせる作品の付加価値として今回の「ちょっとした工夫」が求められてきます。

作品のなかで実際僕が施した工夫を見ていきましょう。

半音ずらしのブルースハープ

なんぞこれは?ってタイトルですが。

この曲は元々Eのキーだったんですね。

レコーディングの段階で、ボーカルのキーが高いから1個下げようと思ったんです。その方が余裕のある歌い方ができると。

E♭キーでオケをつくり、歌を入れ、ブルースハープを入れる段階で

アイコン名を入力

E♭のブルースハープ、持ってないぞ・・・RECの日程的に買いに行ける日無くね?

となったんです 笑

どうしよ・・・

【ひらめき】

アイコン名を入力

ピッチ補正できるならEで録ってから半音ずらせばよくね??俺天才ちゃん

しかしE♭でRECしたギターにEのブルースハープを乗せると絶妙に気持ち悪くってRECがなかなかうまくいかない。

良いテイクがぜんぜん録れないのよ。

ずーーーーっと半音合ってないからもちろん気分もノらない。

【ヒラメキ】

アイコン名を入力

Eでギター録りなおして、それにブルースハープ合わせればよくね??やっぱオレ天才ちゃん

複雑なので、やった順番を書きます。

1、Eのキーで新たにギターを録る(E♭バージョンもミュートで残しつつ)

2、Eのブルースハープで録る

3、Eのギタートラック消去

4、ブルースハープの補正(半音下げてE♭へ)

5、E♭のギタートラックをミュート解除

結果、音質の劣化も少なく自然に移行できたと思います。

この話を見た上で是非もう一度聴いてみてください。

まとめ

意図的ではありませんでしたが、

これもちょっとした工夫ということで実際評価につながりました。

結果オーライ。

「ピンチ」を「チャンス」に変えれると、強いですよ。

それもまたひとつの経験になるので。

次に活かすチャンスと思いましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
サラリーマンをしている自宅レコーディング系ブロガー。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA