作業効率化

DTM作業の効率化【テンプレート化】

DAWを立ち上げてからREC始めるまでって、意外とやることが多いんだよね

そうそう、音楽やりたいのになんだか事務作業みたいになってる

そんな悩みにお応えします!

結論から言います。

毎回使うプラグインやトラック設定をテンプレ化しておくと便利。

作業効率アップでかなりの時短になります。

DAWを立ち上げたとき、毎回する作業ってなんでしょう?

弾き語りDTMerの方々ならおそらく

  • オーディオトラックを開く
  • Compressorを追加しMAKEUPを上げる
  • オーディオトラックとマスタートラックにLimiterを挿入
  • 上記オーディオトラックを量産

このあたりではないでしょうか。

それらを設定するのに2、3分はかかりますよね。

作品をつくるとき毎回2、3分かけて初期設定をやっていたらとても効率が悪い!

そんなときのテンプレ化です。

とても簡単ですぐ導入できるので、実例とともに見ていきましょう。

Logic Pro Xでの説明になります。

弾き語りDTMをしている僕の初期設定

・Space Designer(Reverb)

・Compressor

・Limiter

あとは僕の場合

MIDIトラックでドラムのリムショット系の音を一拍ずつ鳴らしてループさせてます(上の画像の緑)

メトロノームのクリック音代わりです。

僕はメトロノームの音よりこっちの方が聞き取りやすいのでそうしてます。

あとメトロノーム音の音漏れが多いんですよね。

曲の最後ギターをジャーーーン!と弾き終わって、ギターの音が消えかかってくるとメトロノーム音が

「トン トン トン トン」

REC後のチェックの時に落胆するやつです。

リムショットは僕的には音漏れしにくかったのでメトロノーム代わりに入れてます。

こんなかんじでそれぞれのパラメーターもいじって、あとはRECするぞ!ってところまで終わらせてください。

そしたらテンプレート登録します。

手順

ファイル→テンプレート保存→名前をつけて保存(Project Templatesへ)


これだけです。

Logicを一旦閉じて

ファイルタブから「テンプレートから新規」を選んでみましょう。

このように先ほど作成したテンプレートが選べるようになっているはずです。

これでもうあなたは、

毎回行っていた2、3分の初期設定を行わずにRECができるようになりました。

とても便利なので、是非取り入れてみてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか。

今回はDAW初期設定のテンプレ化についての記事でした。

DAW内で何かしら毎回同じ作業をしているときは、「これ、テンプレ化できないかな」と考えてみると作業効率がかなりアップすると思いますよ。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
サラリーマンをしている自宅レコーディング系ブロガー。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA