豆知識

【PC】オーディオインターフェイスの接続は絶対直挿し!!【USBハブはダメ】

PCのUSB接続にハブを使っている方は多いと思いますが、

オーディオインターフェイスにはUSBハブを使ってはいけません

理由としては

  • 録った楽曲の音質が悪くなる
  • オーディオインターフェースが時々起動しなくなる

からです

2つとも致命的ですよね

なのでパソコンのUSBポートに直差ししてください

場合によってはUSB-C変換アダプタなどを活用しましょう

 僕の環境

僕はMacBook ProをDTM用のPCとして使用しています

USB接続環境はこんなかんじです

使用のオーディオインターフェースがUSBではなくサンダーボルトなので

PCに挿し込むために

Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタ

を使用して接続しました(手前のUSB)

もうひとつのUSBにはハブを挿しこんでいて、

外付けHDDとDVDドライブを接続しています(奥のUSB)

反対側は充電用にとってます

まとめ

PCのUSB接続にハブを使っている方は多いと思いますが、

オーディオインターフェイスにはUSBハブを使ってはいけません

理由としては

  • 録った楽曲の音質が悪くなる
  • オーディオインターフェースが時々起動しなくなる

からです

今回は僕の周辺機器への接続環境を一例として紹介しました

場合によってはUSB-C変換アダプタなどを活用しましょう

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA