作業効率化

【Logic Pro X】便利なショートカットキーまとめ【作業効率化】

DTMにおける作業効率化シリーズです。

今回は、Logic Pro Xで知っておくと大変便利なショートカットキーを

僕なりにまとめてお届けします。

マウスでももちろん進められますが、

ショートカットキーを知っているとかなりの時短になります。

ミックスやマスタリング、レコーディング時に効率的に作業をすすめることができるやり方なので、ぜひ参考にしてみてください。

Logic Pro Xにおけるショートカットキー一覧

Enter再生ヘッドをプロジェクトの先頭へ移動する(頭出し)
SPACEキー再生と停止
R録音を開始
Sソロ
Mミュート
Qクオンタイズ
Eエディタ画面開閉
Xミキサー画面表示
,.1小節戻る、進む
Shift+,.8小節戻る、進む
Command+Z一つ前の作業に戻る(アンドゥ)
Command+A画面上のデータ全選択
Command+Jリージョンの結合
Command+Tリージョンの分割
Command+Xカット
Command+Cコピー
Command+V貼り付け
Command+S保存
Option+上下キー半音移動
Option+Shift+上下キー オクターブ移動
Option+ドラッグ移動任意の場所にコピー
Control+ドラッグ移動音の長さ、タイミングなどを微調整
Shiftを押しながら選択複数同時選択

その他使えるもの

新規ソフトウェア音源・オーディオトラックの作成

ソフトウェア音源トラック  Option+Command+SSoftware instruments track)

オーディオトラック  Option+Command+AAudio track)

新規トラックを作成するときのショートカットです。

マウス操作より格段に早くできます。

マーカーを作成

Option+@

曲に合わせてマーカーを打つときに便利です。

曲を再生しながらOption+@を押していくとすぐにマーカートラックが出来上がります。

実例を用いた使用方法

曲頭からのREC

【R】でREC開始

【 SPACEキー 】で停止

【Enterキー】で頭出し

【 SPACEキー 】で再生確認

気になるところで 【 SPACEキー 】 停止

【, .】で少し戻ったり進めたりして 【 SPACEキー 】 再生確認

こんな流れになります。

リージョンの結合

MIDIリージョンを結合したいとき

【Shift+クリック】で該当リージョンを選択し

【 Command+J 】で結合

もし間違えてしまった場合は即

【Command+Z】で作業を一個戻す

キーを変更する

一度作成したMIDIリージョンのキーを変更したいとき

入力したMIDIノートをすべて半音上げたい、とします。

【E】でエディタ画面開く

【Command+A】で全選択

【Alt+上下キー】で半音移動

まとめ

今回は、Logic Pro Xで知っておくと大変便利なショートカットキーを

僕なりにまとめてみました。

実際僕はすべて把握していて使用しているわけではありませんが、

毎日使っているショートカットキーも多いです。

【Option+ドラッグ移動】で複製とかもけっこう使いますね。

何かと【Command+S】で保存する癖をつけると良いです!

意外とイニシャルが合っているものが多いので覚えやすいものもあります。

R:Rec S:Solo M:Mute J:Joint

ミックスやマスタリング、レコーディング時に効率的に作業をすすめることができるやり方なので、ぜひ参考にしてみてください。

今回のように一覧になったものを見えるところに貼っておくと覚えやすいですよ。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA