豆知識

【A4用紙1枚でCDジャケット制作】コスパ重視の紙ジャケット簡単作成方法

こんにちは!自宅レコーディングコンテスト【録れコン】でファイナリストに選出された経験があるほっしー(@studiohossy)です。

また、過去に自主制作CDを5作品作成した実績があります

自主制作CDをつくるが、CDジャケットのつくりかたで悩んでいる

手間とコストをなるべくカットしたい

簡単につくりたい

今回は、多くの方が悩まれるこちらの項目を解決するための記事を書きました

参考にしていただければ幸いです

結論から言うと、CDケースジャケットをA4用紙1枚でつくる方法であれば上記3つの条件をすべてクリアできます

僕は過去にこの方法でつくったCD(売価¥1000)を約300枚販売しました

かなり低コストでつくれたので、利益率はめちゃくちゃ良かったです

その時の具体的な数字に関してはこちらの記事で紹介しています(気になる方はチェックしてみてください)

今回はこういった形でA4用紙1枚でつくれるCDジャケットの作成方法を紹介します

すぐ実践できる方法なので、よかったら参考にしてみてください

A4用紙をどうやったらCDジャケットになるのか?

ただのA4サイズの用紙を、どのようにしたらCDジャケットにできるのか?

ざっくりいうと、A4用紙に好きなデザインをプリンターで印刷しそれを折っていってケースにするという方法になります

ほっしー

通常のA4用紙より厚めの紙の方がしっかりして見栄えが良くなります

寸法は次の通りです

ジャケットの表面と裏面の位置が決まってきますので、指定の位置にジャケットデザインが収まるよう考えて印刷しましょう

デザインを決めるとき、表の4隅に小さい点を打っておくと紙を折るときに分かりやすいです(上の画像の赤点の位置)

A4用紙をひたすら折っていく

ジャケット印刷できたら、あとはひたすら折っていきます

まずは上下を平行に折ります。

左右の部分も、折りこみます。

裏面になる側の長辺になる方を、三角に折り込みます

折り込んだ長辺を短い方の間に差し込みます

このようになります

CDを入れるとこんなかんじ。ぴったりハマります。

おもて面

うら面

クラフト紙の厚紙にジャケット印刷して完成したものがこちら

(僕が過去に自主制作で販売していたものです)

制作のコツ・注意点

CDジャケットケースをA4用紙1枚でつくるコツ・注意点としては次の3点が挙げられます

  • 厚紙を使用すると見栄えが良い
  • 指定した位置にデザインがくるように微調整を重ねる
  • デザインの段階で、紙を折る位置に目印を入れこむと作業しやすい

これはあくまで「自分でジャケットデザインする場合」のコツ・注意点です

ここまで自分でやるのは面倒だし、デザインは苦手!と言う人はココナラなどのアプリでデザインを外注するのも一つの方法です

さいごに

今回は

自主制作CDをつくるが、CDジャケットのつくりかたを悩んでいる

手間とコストをなるべくカットしたい

簡単につくりたい

このようなお悩みを解決するために、CDケースジャケットをA4用紙1枚でつくる方法を紹介しました。

丁寧につくると本当にいいかんじでつくれるので、是非まねしてみてください

また超低予算でできる自宅レコーディング方法も紹介していますので、こちらの記事【コストかけずレコーディングしたい】iPhoneさえあれば無料でできるもあわせてご覧いただければ嬉しいです

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
サラリーマンをしている自宅レコーディング系ブロガー。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA