実例

【5分でできる】弾き語りライブ配信の簡単セッティング方法とミキサー増設【高音質】

今回は自宅で行うライブ配信の方法について

  • YAMAHA AG06の使用方法
  • 3チャンネル以上使いたいときの【ミキサー増設】方法について

を紹介します

YAHAMA AG06 各表示の説明

AG06は表示がとても分かりやすく、親切です

チャンネル1ボーカルマイク向き
(ファンタム電源あり)
COMP/EQ
EFFECTあり(Reverb)
チャンネル2ギター向きAMP SIM
EFFECTあり(Reverb)
チャンネル3、4鍵盤向き/
チャンネル5、6BGM用/

こんなかんじです

各チャンネルに楽器の絵が描いてあるのがとても親切で好意的ですよね

パッと見てすぐ理解できるのがとても良いと思います

一人で弾き語り配信を行う場合のセッティング

ギター弾き語りならチャンネル1,2だけ使います

内蔵ReverbはON、OFFの切り替えしかできませんが非常にふくよかなReverbなので僕は気に入っていて

Gt、Voともに毎回使います

あとはボリュームバランスを見るだけです

これだけでなかなか高音質な配信ができます

背面のUSB接続からPCやiPhoneに繋いで各々のプラットフォームで配信しましょう

この配信のセッティングは、慣れれば5分もかかりません

更に簡易的なセッティング方法

【コンデンサーマイク1本のみ】

これでも実際ぜんぜんいけます、弾き語りなら

マイクの位置が重要で

ギターとボーカルのバランスは気をつけなくてはいけませんので、

僕なら通常のボーカルマイキングより30cmくらい離した位置がベストです

人によってバランスが違うので、上記を参考にしながら良い位置を探してください

意外と良い配信ができると思います

BGMを流す場合

  • ライブ前後などにBGMを流したい場合
  • 「歌ってみた」などでオケを流したい場合

チャンネル5,6につなぐケーブルを購入し

iPhoneなどと接続します

ディスクマークのつまみをいじるとボリューム調整できますので、ヘッドホンなどでモニタリングしましょう

プレイヤーが複数人いる場合

AG06を使用して二人以上で配信を行うとき、

チャンネル数が足りなくなるので

場合によってはミキサーを増設することになります

次はミキサーの増設方法について説明します

ミキサー増設方法

AG06のチャンネル数だけでは足りない場合、ミキサーを増設する流れになります

安いミキサーで構わないので、予備として購入しておくと良いでしょう

僕はベリンガーのミキサーを予備として持っています(昔Ustreamの配信用で使用していました)

このようにつなぎます

ベリンガーの最大6チャンネル分の入力音が【AG06】の【チャンネル1】に集約されて出力されるようになります

これがミキサー増設のやり方です

仕組みさえわかれば簡単なんです

まとめ

今回は自宅で行うライブ配信の方法について

  • YAMAHA AG06の使用方法
  • 3チャンネル以上使いたいときの【ミキサー増設】方法について

を紹介しました

AG06はシンプルでザックリとしていてわかりやすい

細かくカスタマイズができませんが、

デフォルトで配信向けの設定がされているのでストレスがありません

複数人で配信を行う場合はミキサーの増設も検討してみてください

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA