中級

【Logic Pro X】オーディオトラックをトランスポーズする方法

ギターやピアノなどでバックトラックをつくったが、

なんらかの理由でキーを変更しなければいけなくなったとき

MIDIリージョンであれば簡単にトランスポーズできる、

と過去の記事に書きました

ではオーディオリージョンをトランスポーズする方法はあるのか

結論は、オーディオリージョンもトランスポーズできます

ただ、少しだけ音質が変化します

その音質の変化が吉と出るか凶と出るか、やってみて全体のバランスで判断すれば良いと思います

では具体的な方法を説明します

オーディオトラックをトランスポーズする方法

トランスポーズしたいオーディオファイルをダブルクリック

サンプルエディタから「ファイル」

メニュー→「機能」→「Time and Pitch Machine」を選択する

ピッチとともにテンポが変わってしまわないように

テンポチェンジの数値を「0」にします

トランスポーズの数値を変更します

100セントで半音変わりますので、

上げるのであれば+100セントごとに

下げるのであればー100セントごとに

設定し【処理をしてペースト】を選択しましょう

具体例

僕が過去に島村楽器主催のDTMコンテスト【録れコン】に応募した作品で、オーディオリージョンのトランスポーズをつかっています

楽曲のキーがE♭なのにE♭のブルースハープを持っていなかったので

Eのブルースハープを吹いてからトランスポーズさせました

多少音質は変わりましたが、

審査員の方からは「そのエピソードが逆にプラスになっている」という内容のコメントをいただきました

まとめ

MIDIリージョンであれば音質の変化なく簡単にトランスポーズできる

オーディオリージョンをトランスポーズすると多少の音質の変化はあるが可能である

ギターやピアノなどでバックトラックをつくったが、

ボーカルのキー変更などの理由でバックトラック全体のキーを変更しなければいけなくなったとき

今回の方法を是非試してみてください

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA