初級

【DAW】Logic Pro Xの基本的な編集について【初心者】

今回は録音作業後の基本的な編集作業で

【ツール選択】からよく使う項目と少し応用編を紹介します

リージョンを分割する

不要な部分を切り取りたい

1小節だけを他の場所へ移動させたい

などのとき

ツール選択から【ハサミツール】を選択してください

リージョンの切り取りたい箇所でクリックするとリージョンが分割されます

クリックしにくいときは下画像の赤部分で拡大しましょう

素材を移動する

ツール選択から【ポインタツール】を選択してください

好きな場所へドラッグすると移動できます。

素材を複製する

非常によく使う機能です

いわゆるコピペですね。普段のPC操作と同じ操作方法です

コピーしたいものを選択し、

Command+C

移動したいトラックと小節を選んで

Command+V

これで貼り付けられます

実はもう一つ有用な方法があり、僕はこっちの方をよく使います

Option+ドラッグ

これで、複製しながら移動ができます。便利技です

素材にフェードイン・フェードアウト機能をつかう

ボーカル、ギターなどのマイク録音のとき、

録り直した部分を繋げると、不自然なサウンドになってしまう場合があります

この問題を解決するひとつにフェードイン・フェードアウトがあります

トラック同士の繋ぎ目を調整することで、自然なサウンドに仕上げることができます

適用方法を解説します

「ギタートラックを途中まで録っていて、つづきを別トラックで録ったものを適用したい」

とします。

これをうまく繋ぎ合わせたいのですが、どうしてもこの「つなぎ目」部分がぶつ切りになってしまいうまくいきません

フェードイン・フェードアウトで解決しましょう

ツール選択から【フェードツール】を選択してください

作業しやすいように、リージョンのつなぎ目部分を少し拡大します

それぞれ矢印方向にドラッグしてあげると

トラック2(Gt)をフェードアウト

トラック3(Gt)をフェードイン

になり、自然に切り替わるようになります

もう一歩踏み込みましょう

クロスフェード機能を使う

クロスフェード】という方法もあります

原理はフェードイン・フェードアウトと同じですが、ワンタッチで作業が完了する方法を解説します

前述では別トラックに収録されたもののフェードイン・フェードアウトでしたが、

クロスフェードは同トラックでのフェードイン・フェードアウトが可能になります

このようなぶつ切り素材の繋ぎの場合

ツール選択から先ほどの【フェードツール】を選択し

矢印のようにドラッグしてください

そうするとフェードイン・フェードアウト表示がされ、自然な繋ぎ目にできます

フェードイン・フェードアウトの細かい設定はマウス操作で可能なので、いじってみてください

さいごに

今回は基本的な編集作業で【ツール選択】からよく使う項目と少し応用編をお話ししました

ショートカットキーを覚えた方が良い場合もありますので、過去の記事を参照していただけると嬉しいです

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

DTMロードマップへ戻る

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA