中級

【Logic Pro X】部分的なミュート・ソロを簡単に行う方法

DTM作業中によく使う機能の中で「ミュート・ソロ」機能があります

各トラックにこのようにボタンが設置されているので、

トラック別のミュート・ソロの切り替えが可能です

しかしこの方法ではトラック上の全ての音がミュート・ソロになってしまい、

部分的な切り替えを行うことができません

時にはトラック内の【特定のリージョンだけ】ミュートやソロを適用したい時がありませんか?

この部分だけは別トラックのテイクを使いたい

でもその前後の波形は残しておきたい

こんな時のために

今回の記事は【特定のリージョンだけミュート・ソロにする方法】をご紹介します

特定のリージョンだけのミュート・ソロ適用方法

【ツール選択】でミュートツール【M】を選択し

ミュートしたいリージョンをクリック

もう一度押すとミュート解除されます

ソロも同じ要領で、

【ツール選択】でソロツール【S】を選択し

ソロ適用したいリージョンをクリック

これで、指定したリージョンだけのミュート・ソロが適用できます

もう少し掘り下げる

ひとつのリージョンの中でも

【必要な音】

【ミュートしたい音】

があったりします

このようにひとつのリージョンの中で瞬間的にミュートしたいような場合は

【ツール選択】ではさみツール【✂︎】を選択

そして

Command + 左右キー

などで作業しやすい大きさまで拡大し

指定音の前後でクリックし分割

ミュートツールを選択し

切り取った部分だけをミュートしましょう

僕が経験したこと

僕は上記の応用で

オーディオリージョンの頭とお尻の不要部分を手動でカットしていました

(無音部分やノイズ除去が目的)

しかし先日【ストリップサイレンス】という機能が非常に効率的であることを知りました

これはほぼ自動で【無音部分やノイズ】を検出しカットしてくれる機能です

適材適所だと思うのです

リージョン内にある不要な音は全て手作業でカットしていましたが

【無音部分やノイズ除去】に関しては【ストリップサイレンス】に任せて良いということ

それ以外で意図的にカットしたいものに関しては今回のツール選択からやりましょう

自分にとって良い勉強になりました

まとめ

トラック内の【特定のリージョンだけ】ミュートやソロを適用したい時がありませんか?

この部分だけは別トラックのテイクを使いたい

でもその前後の波形は残しておきたい

こんな時のために

今回の記事は【特定のリージョンだけミュート・ソロにする方法】を紹介しました

簡単にできる処理で汎用性が高いので、色んな場面で応用してみましょう

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA