初級

【オートメーション機能】ギター終わりのジャーンのあとを解決【DTM初心者】

曲の終わり方ってどうすればいいの?
ギターでジャーン!って弾いた音を自然に小さくして終わりたいんだけど

DAWで作品をつくり始めると、このような疑問が出てくると思います

そんな時に便利な機能「オートメーション」を今回解説します

結論から言うと、オートメーション機能とは

ボリュームフェーダーをオートで動かす機能のことです

これを使って自然なかんじで終われる作品をつくりましょう

オートメーションを使わないと・・・

逆にオートメーション機能を使わないと、

エンディングのサスティーン(音の伸び)が消える時まで身を潜めてじっとしていなければいけません

僕は大学時代に初めてMTRでCDを作った時、そうしてました

静かな状態になってからの録音時間が長いため

環境音が入ることが多く、

何回も録り直した思い出があります

オートメーション機能を使うと、あの頃難題だったことがいとも簡単に解決できるんですよね

オートメーション機能の使い方

Logic Pro Xでのオートメーション機能の設定手順について説明します

まずこのマークをクリック

するとリージョンの雰囲気が変わり、オートメーション編集が可能になります

そして必要なトラックを編集していきます

リージョン内の適当な位置でクリックすると

真横に一本線が引かれます

これが横軸になるボリュームグラフみたいなもので、

クリックした箇所に点が出現し、点を2個以上出現させてから動かしたいところのボリュームを編集していく感じです

折れ線グラフみたいなイメージ

急に下げると

「あ、ボリュームいじったな」

と聴き手に伝わってしまうので、緩やかに聴こえるよう努めましょう

こんなかんじで使います

まとめ

エンディングでオートメーションを使うメリット

  • ギターのサスティーンが消えるまで長時間耐える必要がない
  • 最後の最後で環境音が入る可能性が減る

エンディングでオートメーションを使うデメリット

  • 操作によってはエンディングが不自然になりがち

デメリットに関しては技術でカバーできるので、

慣れればメリットしかありません

まだ試したことのない方は、是非今日から実践してみてください

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

DTMロードマップへ戻る

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA