初級

【DAW】初心者でもわかる!ループレコーディングのやり方【簡単】

✅レコーディングでの演奏が苦手(ベストテイクがなかなか出せない)

✅効率的にレコーディングを行いたい

✅ループレコーディング機能について知りたい

今回はこのような悩みを一発で解決する記事です。

レコーディングを行うとき、一発で良いテイクが録れればよいですが、なかなかそうはいきません。

なので通常はベストテイクが録れるまで繰り返しRECすることになります。

ただ、そのベストテイクに至るまで 「録音→失敗→停止」を手動で繰り返すようでは効率が悪く大変です。

そこで活用したいのが「ループレコーディング機能」です。

Logic Pro Xに限らずこの機能を搭載しているDAWは多いので、

いずれのソフトをお使いでも同様の内容で録音できます。

ループレコーディング機能を使うと特定箇所を繰り返しレコーディングすることができるため

レコーディングの時間、手間を大幅に削減することができます。

これはかゆいところに手が届くような機能で、僕も毎回この手法でRECしています。

ごく簡単に導入できるので、ご存知ない方は今がチャンスです。

ループレコーディング機能の使い方

ロケータからループレコーディングの範囲を選択し、サイクルをオンにします。

事前準備としてはこれだけです。

後は通常通りのレコーディングを行います。

これでロケータ指定箇所を繰り返しレコーディングし続けることができます。

たとえば指定箇所が4小節であれば、停止するまでその4小節が連続で永遠にRECされるかんじです。

良いテイクが録れた後、停止させます。

テイク1〜4まで録れました。

それぞれのテイクリージョンをクリックして細かく再生確認していきます。

フラット化して結合

ここからがループレコーディング機能の真骨頂で、

【どのテイクのどの部分を繋ぎ合わせていくか】を編集するのがものすごく楽です。

こんなかんじでピーっと

使いたい箇所をなぞってあげるだけです。

このへんは感覚で操作できるので、本当に使いやすいです。

おおまかなベストテイクをばーっとなぞっていって、そのあとつなぎ目をどこにするか(自然になるように)細かい部分を修正していく流れが効率的です。

うまく編集できたら、あとは元リージョンの【A】部分をクリックし【フラット化して結合

すると、先ほど選んだテイク1〜4のベストテイクが結合されたリージョンが1本化されます。

【フラット化して結合】この状態にしてから音声編集するようにしましょう。

まとめ

今回はループレコーディング機能について

【ベストテイクが録れるまで繰り返しRECする】

それにはループレコーディング機能が非常に効率的で

ループレコーディングを行うことでレコーディングの時間、手間を大幅に削減することができることをご紹介しました。

Logic Pro Xに限らずこの機能を搭載しているDAWは多いので、

いずれのソフトをお使いでも同様の内容で録音できます。

これはかゆいところに手が届くような機能で、僕も毎回この手法でRECしています。

ごく簡単に導入できるので、是非検討してみてください。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA