DTMスキルアップ

DTMを始めよう!スピーカー選びでの3つの重要事項

こんにちは、ほっしーです!

今回は、弾き語り+αのDTMの始め方その5

スピーカーの選び方について見ていきましょう

このページを読むことで、DTMにおけるスピーカーの存在の重要性が分かります

DTM機材全体の接続イメージについてはこちらのまとめ記事をご覧ください

まず、DTMにおけるスピーカーの役割は何か

率直に言うと、録った音の確認用です

これで音を聴きながらMIX作業をするわけです

スピーカー選びの重要事項を3つ挙げていきます

DTMでのスピーカーの選び方
  • スピーカーの種類
    • リスニング用(長時間聴いても疲れにくい音質に変換されて耳に届く)
    • モニター用(フィルター無しそのままの音が耳に届く)→DTMで使用する
  • MIX時に色んな大きさのスピーカーで聴いてみることが大事
    • カーステレオ
    • 大きめのスピーカー
    • ラジカセ
    • スマホ
  • 部屋の広さに合った大きさのスピーカーを選ぶ
    • YAMAHA「2ウェイ ブックシェルフスピーカー」HS5(僕はこれ)

モニター用スピーカーをチョイスする

フラットな状態で聴けるスピーカーを選ぶことが重要です

理由は、MIX時に使用するためのスピーカーだからです

既に聴きやすく設定されているリスニング用スピーカーでチェックすると、適切なMIXができません

なのでモニター用スピーカーを選ぶべきです

リスニング用スピーカーを使用しても良いですが、低音マシマシだったり聴きやすく設定されている商品は避けましょう

色んなスピーカーで聴いてみる

最終チェックの段階ですが、一つではなく色んなスピーカーで聴いてみることは自分の作品を客観的に見るという点で非常に重要です

待ってくれよスピーカーなんてそんなにたくさん買えないぜベイビー

大丈夫!今お持ちのスマホやカーステレオやコンポなどで聴いてみるんです

作品を作ったとして、誰かに聴いてもらいたい

聴いてくれる人がどの媒体で聴いてくれるのか、を考えましょう

モニター用スピーカーを持っている可能性は低いです

普通スマホとか車とかで聴きますよね

聴く側と同じ環境に身を置いてみるのがとても重要ということです

桑田佳祐も必ずカーステチェックするとTVで言ってました

逆に言うと、一般に持ち合わせていないモニター用スピーカーで繊細な音までまずチェックすることがDTMerとして非常に重要です

自分の部屋に合った大きさのものを選ぶ

スピーカーは高価で大きめの方がふくよかな音がします

しかし4.5畳の部屋にJBLのめっちゃでかいスピーカーがあってもちぐはぐです

卓上に乗るくらいのもので良いものもありますので、普通の部屋の大きさであればそれで十分かと思います

僕が愛用しているのは

YAMAHA「2ウェイ ブックシェルフスピーカー」HS5

サイズ感はこんなかんじ

モニター用兼リスニング用にしています

結論このくらいの価格帯で十分だと個人的には思います

他にもおすすめのものがあるので、また後々紹介したいと思います


ということでDTMにおけるスピーカーの役割、選び方について描いてみました

モニタースピーカーを揃えましょう

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました^^

ABOUT ME
ほっしー
妻と二人の娘と暮らすシンガーソングライト薬剤師。 「自宅レコーディングの始め方とスキルアップ」をテーマに日々ブログを書いています。 アコギとうた+αの宅録DTM形式でアルバム3枚を制作。 島村楽器主催の宅録DTMコンテスト【録れコン】で全国約3000曲の中から最終選考ノミネート経験あり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA